名護屋城大茶会
名護屋城大茶会

名護屋城大茶会とは

豊臣秀吉が築き、徳川家康や伊達政宗など全国から約150名もの大名が集った名護屋城。今は石垣のみが残るこの場所は、かつて「望みのものは何でも手に入る」と言われるほどの賑わいを誇り、武将たちの交流の中で、茶道や能など今につながる文化が大きく花開いた地。
430年の時を超えて開催する「名護屋城大茶会」は、そうした往時の賑わいを再現すべく、茶・能・書・華・器・食・鷹狩など楽しい文化体験が満載。また、博物館内に復元された「黄金の茶室」や「草庵茶室」そして、この時期ならではの美しい桜もどうぞお楽しみください。

イベント内容・ゲスト情報

呈茶席の楽しみ方

呈茶会場と茶券代

アクセス・駐車場

名護屋城までのアクセス

駐車場のご案内

各駐車場より無料シャトルバスを運行。
※詳細は後日掲載します

佐賀新聞連載コラム一覧

コラム準備中です...
第1回(令和4年3月27日(日)開催)の
内容はこちら
第2回(令和5年3月26日(日)開催)の
内容はこちら